2021年04月14日

絶対遊ぶべき最高のXbox Series Xのゲーム一覧!

Xbox Series X

Xbox Series Xで遊ぶべきゲームタイトルの一覧を紹介!2021年に予定されているすべてのXbox Series Xのゲームを待つ間、このリストを最大限に活用してほしい。

『アサシン クリード ヴァルハラ』(Assassin’s Creed Valhalla)

『アサシン クリード ヴァルハラ』(Assassin's Creed Valhalla)
『アサシン クリード ヴァルハラ』は、11月10日にXbox Series Xと並んで発売され、新世代機の能力を誇示する広大なオープンワールドアドベンチャーを求めている人にとってうってつけの作品となっている。4Kと60フレーム/秒の安定した速度で動作している本作は、それ以前に登場したシリーズの他のゲームとは全く違って見える。見た目の美しさと信じられないほどスムーズな操作感だけでなく、9世紀のイギリスの暗黒時代を駆け抜ける旅が摩擦のないものであることを保証するために、非常に速いロードタイムを誇っている。アサシン クリードが復活し、これまで以上に良くなっている。

『Destiny 2 光の超越』(Destiny 2: Beyond Light)

『Destiny 2 光の超越』(Destiny 2: Beyond Light)
ガーディアンに戻ってきた人も、しばらく関わっていなかった人も、新しい冒険を探している人も、関係なく、開発元Bungieは次世代機への移行に合わせて『Destiny 2』のリセットボタンを押した。『Destiny 2 光の超越』はXbox Series Xと並んで発売され、それに伴い、スタジオはライブサービスのシューティングゲームを再設計し、これまで以上に簡単に新規プレイヤーや復帰プレイヤーを迎え入れることができるようにした。『Destiny 2』は12月8日に無料の最適化パッチが配信され、4K解像度と60フレーム/秒のロックが解除されたほか、コンソール機では初となる視野スライダーなどの新しいパフォーマンスオプションが追加されている。『Destiny 2』は『Halo』のクリエイターによる素晴らしいシューティングゲームであり、Xbox Series Xでもぜひ試してみてはいかがだろうか。

『Forza Horizon 4』

『Forza Horizon 4』
『Forza Horizon 4』は2018年に発売されたものだが、開発元のPlayground Gamesがオープンワールドのレースゲームを最適化するという素晴らしい仕事をしたおかげで、Xbox Series Xの必需品となっている。『Forza Horizon 4』は、Xbox One時代の最高のレーシングゲームだったが、より高速なパフォーマンス、より忠実なグラフィック、シャドウ、反射、パーティクルエフェクトの品質の向上により、Xbox Series X用に生まれ変わった。

『Gears 5』

『Forza Horizon 4』
スタンドアロンでの購入とXbox Game Passを通じて入手可能な『Gears 5』は、コロナの脅威が後退して友人を家に招いても大丈夫な状態になったら、一度プレイしてみたくなるゲームだ。『Gears 5』は2019年に発売され、The Coalitionは昨年の大部分をXbox Series X向けにアクションゲームの最適化に費やし、ゲームのキャンペーンのために驚異的なネイティブ4Kグラフィックスと60フレーム/秒のパフォーマンスを実現するために取り組んできた。『Gears of War』のゲームをプレイしたことがない人には、『Gears 5』がおすすめで、シリーズ最高の作品のひとつであることは間違いない。4Kテレビが対応していれば、マルチプレイヤー用に120hzのパフォーマンスモードも用意されており、より速く、より反応の良い体験ができる。

『ギアーズ タクティクス』(Gears Tactics)

『ギアーズ タクティクス』(Gears Tactics)
ターン制戦術ゲームが万人受けするわけではないが、『ギアーズ タクティクス』の戦闘には心地よいリズムがあり、このジャンルに初めて挑戦する人には特にお勧めしたい。『ギアーズ タクティクス』は、Xbox Game Passのサブスクリプションとスタンドアロンでの購入が可能で、Xbox Series Xで4K解像度、毎秒60フレームで動作するように最適化されている。見た目も美しく、スムーズに動作し、コントローラーを使っても驚くほどよく遊べる。『ギアーズ タクティクス』は、次世代機でターンベースのタクティクスゲームがどのようにプレイできるかの基準を設定しているが、今後このジャンルをPCから持ち込む開発者が増えれば、このジャンルをPCでプレイできるようになるだろう。

『Halo: The Master Chief Collection』

『Halo: The Master Chief Collection』
シリーズのファンであるかどうかに関わらず、これは必携のアンソロジーだ。Halo: The Master Chief Collection』には、『Halo: Combat Evolved』と『Halo 2』のアニバーサリーエディションに加え、『Halo 3』、『ODST』、『Halo Reach』、『Halo 4』が収録されている。11月17日には、コレクション全体がXbox Series X向けに最適化され、キャンペーンとマルチプレイヤーの両方でダイナミックな4Kと120フレーム/秒に強化された。

『Sea of Thieves』

Sea of Thieves
『Sea of Thieves』は、Xboxの主要なコンソール独占ゲームの1つとなっている。レアの海賊シミュレータは、Xbox Liveの究極の表現であり、プレイヤーとの仲間(または無作為な人)は、名声と富を求めて、本当に豪華な海や場所を探索する。『Sea of Thieves』はXbox Series X用に最適化され、4Kと60フレーム/秒で動作するようになった。2017年にリリースされたにもかかわらず、ゲームは常にアップデートされ、改良され続けており、Xbox Series Xのフラッグシップタイトルのような存在となっている。

『Tetris Effect Connected』

Tetris Effect: Connected
テトリスはビデオゲーム業界で最も古く、最も成功したフランチャイズの一つだが、『Tetris Effect Connected』はこれまでに見たことがないようなゲームだ。コアプレイの非常に冷静な表現であり、落ちてくるテトリミノ、脈打つ色、そしてスリックなビートが織り成すサイケデリックな世界に引き込まれる。『Tetris Effect Connected』は対戦プレイと協力プレイにも対応しており、友人と一緒にプレイすることが可能。さらに、この Xbox Game Passのリリースは、インストール サイズが本当に小さいので、大きなゲームがインストールされるのを待っている間にダウンロードしてプレイするのに最適な最初のゲームになる。

『ウォッチドッグス レギオン』

Watch Dogs Legion
『ウォッチドッグス レギオン(Watch Dogs Legion)』は、次世代ゲームの没入感を向上させるためにレイトレーシングがいかに不可欠なものであるかを示す、ローンチ時の数少ないゲームの一つだ。ロード時間の高速化は確かに評価されており、少しの摩擦で権威主義体制から包囲されたロンドンの描写を探索することができるが、DedSecの新しい冒険を真に示すのはレイトレーシングのサポートだ。改良された照明、反射、影のディテールはこの世のものとは思えないほどで、ロンドンの街中で繰り広げられるハッカソンや銃撃戦は、これまでのゲーム機で見たことのないようなものになっている。

『龍が如く7 光と闇の行方』

『龍が如く7 光と闇の行方』
Xbox Series Xのサプライズローンチ独占『龍が如く7 光と闇の行方』。『龍が如く7 光と闇の行方』は、長い歴史を持つシリーズの素晴らしいエントリーポイントとなっている。ブランドの新しいキャラクター、新しいターンベースの戦闘システム、そして理解しやすい(しかし驚くほど奥が深い)RPGシステムへのさらなる投資が見られる。このゲームは独特のユーモアのセンスを持った滑稽なゲームで、神室町と呼ばれる歌舞伎町を再現した架空の物語の中で、犯罪と汚職をテーマにした退屈な物語であったかもしれないものを、真に独立したものへと変化させるのに役立っている。ロード時間が非常に速く、毎秒60フレームでスムーズに実行されるのは本当に素晴らしい。

出所:gamesradar+

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。