2021年09月22日

最高のPS5ゲーム!今すぐプレイすべきおすすめタイトルを紹介

アサシン クリード ヴァルハラ(Assassin's Creed Valhalla)

今すぐプレイしたい最高のPS5ゲームは?最初に何を買おうか、次に何をプレイしようか迷っている人のために、時間とお金をかけてプレイする価値のあるプレイステーション5のトップタイトルをまとめて紹介します!

現時点ではPS5専用タイトルのライブラリはまだ少ないものの、クオリティは非常に高く、新しいプレイステーションを最大限に活用するためにも、ぜひプレイしてもらいたいものが盛りだくさん。また、PS4のゲームも再訪することができ、『ゴースト オブ ツシマ』のように見た目も動作も以前よりも良くなっているものが多いです。

アサシン クリード ヴァルハラ(Assassin’s Creed Valhalla)

アサシン クリード ヴァルハラ(Assassin's Creed Valhalla)

プレイすべき理由
・シリーズで最も面白いゲーム
・華麗な主人公エイヴォル
・あらゆるハブが命を吹き込む

避けるべき理由
・広大なオープンワールドが疎かに感じることがある
・プロットへの没入が難しいかもしれない
・戦闘は雑に感じるかもしれない

海岸に出撃しても、村を略奪しても、『アサシン クリード ヴァルハラ』はバイキング時代を見事に再現している。北欧の民俗学が好きな人も、斧で他人の胸に突っ込むのが好きな人も、『アサシン クリード ヴァルハラ』はきっと満足させてくれるはずだ。ゲームはPS5で60fpsを目標にしており、PS4版よりもロード時間の改善を約束している。

アストロプレイルーム(Astro’s Playroom)

アストロプレイルーム(Astro's Playroom)

プレイすべき理由
・デュアルセンスを披露
・家族で楽しめる
・プリロードされている

避けるべき理由
・かなり短い

『アストロプレイルーム』は、Wii Sports以来の最高のパックインゲームであり、ソニーの新システムの実力を完璧に発揮している。豪華で透明度の高い4Kのビジュアルから、心地よい3Dオーディオまで、このゲームは最高のプラットフォーマーであり、すべてのPS5に搭載されている。

『アストロプレイルーム』では、DualSenseコントローラを使用。ソニーの新しい触覚フィードバックとアダプティブトリガー技術のおかげで、これまでにはなかった感覚を体験できる。シュールで不思議な体験ができるので、他のゲームをプレイする前にまず『アストロプレイルーム』を起動してみることをお勧めする。

コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー(Call of Duty: Black Ops Cold War)

出所:Activision

プレイすべき理由
・次世代パワーをフルに活用したビジュアル
・追加性と没入感のあるガンプレイ
・素晴らしいマルチプレイとゾンビ

避けるべき理由
・旧態依然としたキャンペーン
・起動時のパフォーマンスの問題が複数ある

新しい年、今年もコールオブデューティ。『コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー』を購入する価値があるのはなぜだろうか?まずPS5版はDualSenseコントローラのアダプティブコントローラをフルに活用しており、各銃の反動を再現している。つまり、マシンガンを発射した時にトリガーが適切に反応する。

もちろん、『コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー』はウォーキング・デッドなしでは完成しないので、ゾンビが戻ってくるのを聞いて喜ぶことだろう。また、コンソールでは初めてコール オブ デューティを120fpsでプレイすることができ、オンラインでの競争がさらに激しくなるはずだ。

デモンズソウル(Demon’s Souls)

デモンズソウル(Demon's Souls)

プレイすべき理由
・次世代のビジュアル
・超高速ロード時間
・大気の位置

避けるべき理由
・極端な難しさが多くの人を戸惑わせるかもしれない
・不器用なロックオンシステム
・圧倒的に感じることがある

PS5独占タイトルである『デモンズソウル』は、プレイステーション5で最も美しいゲームと言っても過言ではない。壮大な照明や巨大なボス、驚異的なテクスチャのディテールなど、見ているだけでワクワクしてくる。また、ロード時間もほとんど気にならず、レベル遷移にかかる時間はせいぜい3秒程度だ。

2009年にプレイステーション3で発売されたゲームのリメイク版である『デモンズソウル』は、その過酷な難易度であなたのゲーム力を試すことになるでしょう。しかし、忍耐力があれば、その先に待っている高揚感は他の追随を許さないものがある。勝利を手にするまでに何百回も死ぬことを覚悟してください。

スパイダーマン マイルズ・モラレス(Marvel’s Spider-Man: Miles Morales)

スパイダーマン マイルズ・モラレス(Marvel's Spider-Man: Miles Morales

プレイすべき理由
・信じられないほど詳細なビジュアル
・燃えるように速いロード時間
・レイトレーシングのサポート

避けるべき理由
・本編は長くは続かない
・チャレンジは繰り返される可能
・DualSenseの実装はかなり限られている

スケールの観点からすると『アンチャーテッド 古代神の秘宝』に近い続編。『スパイダーマン マイルズ・モラレス』では、プレイヤーはカリスマ的な新米ウェブ・スリンガー、マイルズのアディダスブランドのスニーカーを履いて登場する。ピーター・パーカーが休暇で不在のため、マイルズはニューヨークの管理を引き継ぐことになるが、最初の一週間はスムーズにはいかない。

『スパイダーマン マイルズ・モラレス』は、ハリウッドの最高傑作に匹敵する超大作、映画的な体験を提供する。ゲームの忠実度モードでは、レイトレーシング(リアルな反射と照明)の威力を発揮し、シルクのように滑らかな60fpsのパフォーマンスモードも用意されている。初代スパイダーマンのゲームが好きな方はもちろん、プレイステーション限定の優れたゲームを体験したい方にも、ぜひプレイすべきだ。

サックボーイ ビッグアドベンチャー(Sackboy: A Big Adventure)

サックボーイ ビッグアドベンチャー(Sackboy: A Big Adventure)
プレイすべき理由
・ファンタスティックなレベルデザイン
・4人での協力プレイ
・挑戦的なゲームプレイ

避けるべき理由
・多少予測可能なボス戦
・ファンファーレの終了時間が長すぎる
・発売時にはオンラインマルチプレイはない

『サックボーイ ビッグアドベンチャー』は、この3タイトルの中で最も弱いプレイステーション専用ゲームのように思えるかもしれないが、おそらく最も重要なゲームだ。本作は、子供向けのゲームでありながら、4人用のローカルCo-op(オンラインは後日登場)が可能なため、家族連れに最適なゲームとなっている。

『サックボーイ ビッグアドベンチャー』は、本当に素晴らしいプラットフォームであることは言うまでもなく、多くの開発者が若年層向けのゲームを設計する際に陥りがちな共通の落とし穴を回避している。

出所:techradar

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。