2020年12月05日

PS5の冷却性能、縦置き・横置きに影響されない

ソニー・インタラクティブエンタテインメントでプレイステーション5の設計を担当する鳳 康宏氏が、PS5について「縦置きと横置きで冷却性能に違いはない」と発言した。gamesradar+が伝えた

4Gamer.netの最近のインタビューをで、鳳 氏はPS5の位置が冷却システムの性能に影響を与えるかどうかについての質問に答えた。

「これはよくある質問です。設計者の視点では、縦置きでも横置きでも冷却性能に差はありません。煙突効果で縦置きの方が放熱効率が高いはず 、と考える人もいると思います。しかし、アクティブファン(扇風機)を搭載した冷却システムでは、煙突効果は測定誤差レベル。横置きでも縦置きでも仕様通りに動作します。個人的には、PSロゴ の上下がきちんと見える縦置きが好きです。」

鳳氏が出演した最近のPS5のティアダウンビデオでは、ネジで固定された縦置きのベースを取り外す方法が紹介されている。また、このベースは、コンソールを水平に支持するように切り替えることができるので、どちらの位置にもPS5を置くことが可能だ。

【おすすめ記事】

歴代ゲーム機ランキングから見る時代の変遷:1位~10位

【ゲーム機選び】迷っている方に、目的別のおすすめゲーム機を紹介します

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。