2021年04月16日

サンズ・チャイナ、20年3Qは587億円の損失計上

ラスベガス・サンズが発表した決算によると、子会社のサンズ・チャイナは2020年9月30日までの3カ月間の純損失が5億6200万ドル(約587億2000万円)で、純収益は前年同期比92.1%減の1億6700万ドルだった。Inside Asian Gamingが伝えた

前年同期の4億5400万ドルの利益と比較したこの結果は、マカオと中国本土の国境規制が緩和されたことを反映して、サンズ・チャイナが2020年第2四半期に報告した4000万ドルから収益が改善したことを示している。

シンガポールのマリーナ・ベイサンズも改善し、第2四半期のEBITDA損失が1億1300万米ドルだったのに対し、調整後EBITDAは7000万米ドルの黒字に戻った。マリーナ・ベイサンズの純収益は前年同期比64.6%減の2億8100万ドルで、カジノの収益は1億9700万ドルだった。

ラスベガス・サンズの会長兼CEOであるシェルドン・アデルソン氏は次のように述べた。
「コロナウイルスのパンデミックからの回復プロセスが各市場で進行していることを嬉しく思います。私たちは、当ホテルの各市場における旅行・観光消費の完全回復と、将来の成長の見通しについて、引き続き楽観的な見方をしています。幸いなことに、当社の財務力は、先に発表したマカオとシンガポールでの設備投資プログラムと、新たな市場での成長機会の追求をサポートしています。」

ラスベガス・サンズは、純収入が82.0%減の5億8600万ドルとなり、グループ全体で6億1000万ドルの営業損失を計上した。

おすすめ記事

日本のIR(カジノ)誘致はどうなる?これまでの動きとこれからの流れ

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。