2021年04月14日

マイクロソフトCEO、XboxがPS5を凌駕するための戦略語る

マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、12月2日に開催された同社の年次株主総会で、マイクロソフトは「ゲームに非常に力を入れている」とし、「世界中の30億人のゲーマーが最高のコンテンツを手に入れることを保証する」と語った。また、「コンソール戦争に勝つために、PS5からXboxを引き離すために何をしているのか」という株主からの質問に、ゲーム開発会社ZeniMaxの買収とGame Passに注力していることなどを挙げた。gamesradar+が伝えた

ナデラCEOは次のように話した。
「まず第一に、市場に新しいコンソールが発売されることに非常に興奮しています。私たちは常に、最高のコンソールを生産することを私たちに期待しているゲーマーのコミュニティが、パワフルでゲームプレイに優れた新世代のコンソールを提供することに焦点を当ててきました。そして、私たちは最高のコミュニティと最高のコンテンツでそれをサポートしています。」

ナデラ氏はさらに、マイクロソフトの今後の焦点と狙いについて語り、ZeniMaxの買収とGame Passにスポットを当てると説明。ZeniMax の買収によりコンテンツのポートフォリオが 2 倍になり、コミュニティへの取り組みや Game Pass でのサブスクリプション サービスも進化していると強調した。そして「しかし、私たちが掲げるより広いビジョンは、30億人のゲーマーが、好きな場所で、好きな人と好きなコンテンツでゲームをプレイできるようにすることです。これこそが、私たちが戦略を構築する上で本当に必要なことです。」と付け加えた。

11月に発売されたXbox Series XとXbox Series Sは、瞬く間にマイクロソフトにとって最も成功したコンソールとなっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。