2021年04月14日

ValveがCS:GOの新オペレーション『Broken Fang』を開始

カウンターストライク :グローバルオフェンシブ(CS:GO)が最新のアップデートを受け、新たなオペレーション『Broken Fang』が追加された。これにより新たなチャレンジ、マップ、モードがもたらされた。これはちょうど1年以上前にリリースされた『Shattered Web』以来のCS:GO最新作となるオペレーションだ。gamesradar+が伝えた。https://dotesports.com/counter-strike/news/valve-launches-new-csgo-operation-broken-fang

Broken Fangのプレミアモードは、運営のパスを購入した人だけが利用できる新しい排他的なマッチメイキングシステム。これらのマッチはActive Dutyのマッププールでプレイされ、キル/デスレシオ、プレイされたマッチ、ラウンドあたりの平均死亡数など、いくつかの新しい統計情報が特徴となっている。

他のほぼ全てのオペレーションと同様に、新しいミッションも用意されている。プレイヤーは、カジュアル、コンペティティブ、デンジャーゾーン、ガーディアン、そしてリテイクスとブロークンファングプレミアと呼ばれる2つの新モードで、最終的にコインをアップグレードするためにスターを獲得することができる。

リテイクスは、コミュニティサーバーでプレイしている人には馴染みがあるものだろう。リリテイクスは、ポストプラント後のシナリオをエミュレートしたクイックペースのラウンドだ。このゲームモードでは、3人のテロリストが4人のカウンターテロリストを相手に防御しながら、最初から8ラウンドを戦う。

新たなエージェントやステッカー、新事件が登場する。”プロ “とは、『CS:GO』に登場する新たな悪のエージェントの一部で、そのほとんどが独自のグリズリーマスクを特徴としている。これらのマスター層のエージェントには、新たなスーペリア、エクセプショナル、ディスティンクティブなエージェントが続々と登場する。

Broken Fangのケースには、M4A1-Sとグロック18のスキンがコレクションの中で最もレアなものとして登場し、M4A4とUSP-Sには光沢のある新しい外観が施されている。

出所:Valve

新ケース第2弾となるControl Collectionでは、M4A1-Sのスキンと並んでAWP Fadeがレアスキンとして登場。

出所:Valve

Havok Collectionと名付けられた3つ目のケースには、ケースの中で最もレアなAK-47スキンが搭載されている。

出所:Valve

Ancient Collectionと呼ばれる4つ目の最後のケースには、別のM4A1-SとAK-47のスキンが用意されている。

出所:Valve

Valveが最新作の運用でPingシステムを実装したことが明らかになったが、これはVALORANTやエーペックス・レジェンズといった他の一人称視点のシューターに多く見られる機能だ。このチャットホイールはコールアウトに使用され、その他の情報をプレイヤーにPINGを利用できるようにしている。

CS:GOの最新の対戦マップである『Ancient』など、5つの新しいマップを探索することができる。しかし、このマップが将来的にMirageのような古いマップに取って代わる可能性のある競合マッププールに追加されるかどうかは不明だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。