2022年12月06日

タイの宝くじで1等獲得も、パートナーが金と共に家出

タイのメディア「Thaiger」によると、宝くじ1等に当選し賞金600万バーツを獲得したManit氏は、彼女の口座に資金を振り込んだ後、彼女は家出した。Casio.orgaが伝えた

Manitは警察に届け出たが、妻の口座にある賞金を取り返すことはできなかった。彼らは法的には結婚していなかった。

Manitは26年間連れ添ったと言うが、妻には他に恋人がいたようだ。しかし、彼らの子供の1人が警察に認めている。

女性は恋人と一緒に、Manitと住んでいたロットエッチから約270キロ離れたノンカイという町に消えた。タイのメディアによると、恋人はいないが、夫と子供の一人から文句を言われるのが嫌で逃げてきたという。

女性は「尼僧になりたかった」「お金は全部寄付した」と話したという。

しかし、警察からの通知により帰宅し、310万バーツが残っていることを明らかにした。

彼女は160万バーツをManitに、100万バーツを末娘に、50万バーツを息子に渡すと述べた。

シェアする