2022年12月06日
philippines

フィリピンのカジノ産業、2027年までに現在から2倍の100億ドル予測

アジア太平洋地域のコンサルティング会社GCG Gaming Advisory Servicesのアナリストによると、新規カジノ開設により、フィリピンのカジノ産業は2027年までに収益100億ドルを達成し、5年で収益が倍増する。World Casino Newsが伝えた

同社は、来年からGGRが2019年の水準である50億ドルに戻り、今年はおよそ40億ドルに増加すると予想している。この予測は、同社が発表したフィリピンの3Q22の市場レポートに基づいている。

2025年までにNUSTAR、セビーのEmerald Bay、カビテのSolaire casino、ケソンシティのSolaire North、Westside Cityが完全開業する。

また、クラークのHann CasinoとRoyce casinoの拡張プロジェクトも予定されている。

GCG Gaming Advisory Servicesの広報担当者は、次のように述べた。
「フィリピンは、強力なローカル市場、強力な外国人コミュニティ(韓国、中国、台湾、日本)、完全にオープンな国際国境を享受しています。強力な規制、PIGOの導入、セブとクラークの新空港はすべて、フィリピンが今後数年間、シンガポールとGGRトップの座を争うことを示唆しています。5年後の2027年通年でフィリピンの年間GGRは100億ドルに増加するでしょう」

Philippine Amusement and Gaming Corp(PAGCOR)によると、第3四半期のカジノGGRは448億ペソ、年初9カ月では1170億ペソだった。

シェアする