2023年01月29日
casino

エンペラー・エンターテインメント、マカオのカジノ閉鎖で赤字

香港に上場するEmperor Entertainment Hotel Limitedは、2022年4月1日から9月30日までの売上高が1億860万香港ドルだったと発表した。前年同期の2億2340万香港ドルから51.4%減少した。GAMBLING NEWSが伝えた

純損失は1億5570万香港ドルで前年同期の8400万香港ドルから大幅に悪化した。

Emperor Entertainment は、この大幅な落ち込みは、コロナ流行に伴い6月にマカオのカジノ事業を閉鎖したことが原因だとしている。

Emperor Entertainment Hotel Limitedは現在、ホスピタリティ事業に注力している。同社は、香港とマカオに所在する6つのホテルおよびアパートメントを運営しており、マカオにある施設は、 Grand Emperor HotelとInn Hotel Macauだ。

マカオのギャンブル規制が改正されたことにより、ジャンケットの新ルールが適用され、カジノのVIPルームが実質的に廃止、さらにサテライトカジノのルール変更によりコンセッショネアも一部業務を縮小、閉鎖した。Emperor Entertainment Hotelはそれらの影響を受け、Grand Emperor Hotelのカジノを閉鎖した。

シェアする