2023年01月29日
macau

マカオのカジノ入札、ゲンティン・マレーシア落選、新免許は既存6社に

マカオ政府は26日、募集していたカジノ免許6枠の獲得企業を発表した。新規参入を目指していたゲンティン・マレーシアは落選した。ロイターなどが伝えた

マカオの既存のカジノ事業者6社に来年1月からのカジノ運営ライセンスが付与される。当局は選考にあたり、地元の雇用確保、海外観光客の拡大、カジノ以外の施設(ノンゲーミング)開発などを考慮したという。ゲンティン・マレーシアはノンゲーミングで実績があり、注目されていた。

サンズ・チャイナ、ウィン・マカオ、ギャラクシー・エンターテインメント、MGMチャイナ、メルコ・リゾーツ、SJMホールディングスがカジノ免許を更新する。

既存のカジノが敗れた場合、年内にカジノエリアを政府に無償返還する必要があり、カジノ関連の収入が9割を占める企業には打撃が予想されていた。

シェアする