2022年12月06日
casino

マカオのAlvin Chau裁判、マカオ警察がSuncityでの違法賭博の証拠を提示

マカオの司法警察によると、マカオ警察が違法賭博の証拠を提示したところ、カジノSuncityの元会長Alvin Chau氏は、会社全体でアンダーザテーブルベットをして儲けたと第一審裁判所で述べた。Casino.orgが伝えた。

Chau氏と、メガジャンケットSuncityに関連する他の20人の被告は、違法賭博、犯罪結社、詐欺、マネーロンダリングの罪で裁判にかけられている。

アンダーザテーブルベットは、サイドベットやマルチプライヤーとも呼ばれ、カジノギャンブルテーブルで正式に建てられたベット。ギャンブラーとジャンケットの間で行われるプライベートベットの金額のほんの一部に過ぎず、ゲーム収入の課税を避けるために行われるものを指す。

1年前に逮捕されたAlvin Chau氏は、かつて世界最大のギャンブルの中心地であるマカオの王者だった。

マカオ司法警察の調査官Mak Weng Kin氏は、盗聴された電話、財務諸表、会社の内部文書が含まれ、これらはすべて違法な倍率賭博の証拠として提示した。この裁判の中心は、 Chau氏と彼の会社が違法なサイドベット(賭け事)を行って利益を上げ、マカオ政府から10億米ドル強の賭博税をだまし取ったという主張だ。

先月の反対尋問では、Chau氏は否定していた。

 

シェアする