2022年12月06日
casino

豪カジノのスター社、新たな集団訴訟に直面

オーストラリアのカジノ運営会社スター・エンターテインメント・グループは7日、マネーロンダリングやテロ資金対策規則に関する開示要件を遵守しなかったとして、集団訴訟を起こされたと発表した。ロイター通信などが伝えた

スター社の声明によると、集団訴訟は法律事務所モーリス・ブラックバーンによって提起された。2016年3月29日から2022年3月16日の間に、スターがマネーロンダリング防止やテロ資金対策の義務を遵守するためのシステムとプロセスについて誤解を招く表現をしたと原告は主張している。

また、スター社が市場への関連情報の開示を怠り、スター社全体の利益に反して業務を遂行したことを非難している。

スター社は、この集団訴訟に対して弁護すると述べた。

スター社は今年3月には、法律事務所スレーター&ゴードンにより類似の集団訴訟を起こされている。

シェアする