2022年12月06日

スリランカがカジノ税を大増税、年間税額を2倍以上に

スリランカ財務省は、同国のカジノに対し、ベッティング税とゲーミング税の増税を発表した。カジノの年間税額は2億ルピーから5億ルピーになった。ECONOMYNEXTが伝えた

スリランカ財務省は、新しい規制が施行された時点で、カジノを訪れる地元の人々から20米ドルの入場料を徴収することを決定している。また、登録料も以前より高くする予定である。

ランジス・シヤンバラピティヤ財務大臣は、このような高額な税金の徴収により、スリランカにおけるカジノの普及を抑制する効果が期待できると述べた。

ライブ・ベッティング・センターには年間100万ルピーが課税され、以前の年間課税額60万ルピーから40万ルピーの増加になる。また、売上税10%は15%に引き上げられる。ライブ以外のベッティングセンターは、年間税額が5万ルピーから7万5000ルピーに増額される。

これらの税金の後、さらに利益から40%の税金が課される。

シェアする