2023年01月29日
casino

シンガで違法賭博逮捕者が続出、3年では2400人

シンガポールでは、警察による違法賭博の取り締まりにより逮捕者が続出している。過去3年間に違法賭博で逮捕された人数は2400人、うち800人が違法スポーツベッティングに直接関係するものだった。GAMBLING NEWSが伝えた

警察は現在、スポーツベッティングイベントや宝くじへの賭けで、唯一認可されたオペレーターはSingapore Poolsのみであると市民に注意を促している。警察はここ数週間、特にカタールでのワールドカップ開幕以降、活発に動いている。

11月26日の捜査では、8250ドル相当の現金、携帯電話5台、賭博関連の道具を押収し、違法賭博に関与した疑いのある50歳から73歳の12人を逮捕した。うち5人はシンガポールの賭博で最も重い罪に問われるブックメーカーとして活動していた。ライセンスがないギャンブルの開催は、通常、最大の罰金と実刑判決が下される。

警察は現在、違法な賭けを行う目的で使用されていると思われる電話回線を追跡しており、握した際は回線を遮断している。また、オンライン空間でも、当局がシンガポールから無許可で市民を対象にしているギャンブルサイトへのアクセスを遮断しようと勤めている。

シンガポールでは違法賭博行為に参加した者に対しては、最高1万ドルの罰金と最高カ月の実刑判決が下される。違法な賭博行為を組織的に行っている場合は、最高50万ドルの罰金と7年の懲役刑が科される可能性がある。再犯者は最高10年、70万ドルの禁固刑となる。

シェアする