2022年12月06日
online casino

シンガポール、ワールドカップ期間中の違法賭博対策を公開

シンガポール内務省(MHA)と社会家族開発省は、2022年11月20日から12月18日までカタールで開催されるサッカーワールドカップ期間中、違法賭博を阻止するための取り組みを強化すると発表した。Inside Asian Gamingが伝えた

両者による共同声明で、Singapore Pools Pte Ltdがシンガポールで宝くじとスポーツベッティングサービスを提供するライセンスを持つ唯一の事業者であることに言及し、ワールドカップ期間中に違法行為を撲滅するために必要なすべての措置を講じると述べた。

違法な賭博行為を宣伝していると報告されている電話回線を無効にすること、違法な賭博コンテンツやウェブサイトへのアクセスをブロックすること、違法な賭博行為に関わる銀行口座を閉鎖するなどの措置を講じる。

「警察は、違法な賭博行為の背後にいる犯人の身元を追跡し、責任を取らせるよう努力する」と強調した。

2022年8月1日に施行されたシンガポールの新しいギャンブル規制法では、違法な賭博を行った者は最高50万SGドルの罰金と7年以下の懲役、再犯者は最高70万SGドルの罰金と最高10年以下の懲役に処されることになっている。

違法なギャンブルを行った個人には、最高1万SGドルの罰金、最高6ヶ月の禁固刑、またはその両方が課される。

シェアする