2022年12月06日
casino

豪カジノで違法スロットマシン設置、規制当局が62件提訴へ

ビクトリア州ギャンブル・カジノ管理委員会 (VGCCC) は、カジノ運営企業Australian Leisure and Hospitality Group (ALH) を、ギャンブルの過剰プレイを防止する義務的な技術を導入していないゲーム機を使用したとの理由で、62件の提訴をする。World Casino Newsが伝えた

この62件の告発は、最大で135万ドルの罰金を科すものだ。
「ユアプレイ」と呼ばれる技術は、ギャンブラーに時間と支出の上限を設定し、自分のプレイをコントロールする可能性を確保するものだ。

ビクトリア州では、電子ゲーム機の1台1台にインタラクティブなYourPlayディスプレイを設置する義務がある。YourPlayの使用はギャンブラーの任意であるが、ギャンブラーは時間とお金の制限を設定し、ゲーム機のプレイをセクション全体で監督するオプションを利用する権利がある。

2021年12月、VGCCCの刑事は匿名の通報を受け、Hallam、Narre Warren、Sandringham、Mulgrave、Laverton、Cheltenhamのギャンブル事業者を検査し、重大かつ広範囲の違反を確認した。

検査後、Australian Leisure and Hospitality Groupは、77施設のうち62施設から220台の違法なゲーミングマシンを1台ずつ引き渡したとされている。同社は、YourPlayの技術的な支援なしに、少なくとも5週間、220台の違法なゲーミングマシンを稼働した。

VGCCCの最高経営責任者、Annete Kimmit AMは次のように語った。
「我々は、疑惑の違反がALHのビクトリア州のすべての会場の80%にわたって深刻かつ重大なコンプライアンス違反を構成しているとして、Australian Leisure and Hospitality Groupを起訴することを決定した。」

シェアする