2022年12月06日

ロサンゼルス市議会議員への賄賂、中国企業に有罪判決

米ロサンゼルスの連邦陪審は、LA市議会議員のJose Huizar氏に100万ドル以上の賄賂を贈った罪で、中国の不動産開発業者Shenzen New World GroupとそのオーナーWei Huang氏に対し有罪判決を下した。Casino.orgが伝えた

Shenzen New World Groupは誠実業務電信詐欺3件、贈収賄幇助の州間・国外旅行4件、贈収賄1件の罪で有罪になった。

Wei氏は現在、中国にいるとみられており、裁判には出廷しなかった。

検察によると、Wei氏は2013年2月から2018年11月まで、ロサンゼルス市議会議員のHuizarとその側近のGeorge Esparzaに、現金、カジノのチップ、プライベートジェットや民間航空会社のフライト、ラスベガスの高級ホテルやカジノでの宿泊、高価な食事、スパサービス、売春サービス、政治献金を送るなど便宜を図った。

また、Huizar氏がセクハラで告発されたのを解決するために60万ドルを融資したという。

当時、Huizar氏は、市内の主要な商業および住宅開発プロジェクトを監督する計画・土地利用管理委員会の委員長を務めていた。また、ロサンゼルスのダウンタウンを含む第14区の代表でもあった。

Wei氏は、14区にあるL.A.グランドホテルの開発申請について、この議員を利用しようと考えた。このホテルは、2010年に買収され、西海岸で最も高い77階建ての超高層複合ビルになる予定だった。

HuizarとWeiは、2014年から2016年にかけて、一緒にラスベガスのカジノに8回足を運んだ。パラッツォを訪れた際、スタッフはHuizarに気づき、Weiから提供された数万ドル分のカジノチップを現金化しているのに気づいた。これを不審に思い、最終的にFBIに通報した。

シェアする