2021年01月22日

サンズ・チャイナ、ロンドナー・マカオを2021年2月上旬に開業、予約は1月下旬から

マカオのカジノ事業者サンズ・チャイナは、20億ドルのロンドナー・マカオのプロジェクトのフェーズ1を2021年2月上旬に開業することを確認しました。Inside Asian Gamingが伝えた

同社は15日、2月に正式なオープニングセレモニーを開催し、残りの施設は年間を通じて順次オープンすると発表。フェーズ1には、全室スイートの新しいロンドナーホテル、クリスタルパレスのアトリウム、新しいダイニングオプション、ロンドンをテーマにしたインタラクティブなアトラクションが含まれる。

このプロジェクトは、以前はサンズ・コタイ・セントラルとして知られていたホテルを、コタイ地区でベネチアン・マカオ、パリジャン・マカオと並ぶサンズ・チャイナで3番目のテーマ別リゾートへと全面的に改装するものだ。

ラスベガス・サンズのCEOであるロバート・G・ゴールドスティーン氏は次のように述べた。
「ロンドナー・マカオへの投資は、世界で最も重要なレジャーおよびビジネスの目的地の1つとしてマカオの将来が順調に進んでいると確信していることを明確に示すものです。ロンドンをテーマにした豪華な宿泊施設、ダイニング、ショッピング、エンターテイメント、ランドマークを備えたロンドナー・マカオは、お客様に新たな刺激的な体験を提供すると同時に、マカオへのコミットメントと観光サービスの拡大をより明確に示しています。」

内部のさまざまな新しいサービスに加えて、ロンドナー・マカオは外観も変更している。インファサードはビッグベンの時計のレプリカを含む国会議事堂の建築物を再現。それは新しい6000席のアリーナ、リブランドされた小売モールとストリートショー、VR体験に加えて、新しい東北と四川料理レストラン、タイ料理レストラン、英国スタイルのレストラン、セレブリティシェフのゴードン・ラムジー氏によるガストロパブを特徴としている。

ゲームスペース自体に大きな変更はないが、サンズ・チャイナは、最大450台のテーブルと2000台のスロットマシンを備えた、より多くのゲームオプションを提供する可能性があると示唆している。4つのホテルには6000室以上のホテルルームがあり、うち約600室はホリデー・イン・マカオとして知られていたホテルの豪華なスイートルームの形で提供される。

サンズ・チャイナCEOのウィルフレッド・ウォン氏は次のように語った。
「サンズ・チャイナはマカオでテーマ別の施設を開発してきた実績があり、ロンドナー・マカオは、ベネチアン・マカオとパリジャン・マカオに続き、レジャーとMICE市場の両方でアジアのトップデスティネーションとなります。ロンドンは象徴的な都市であり、今回の追加はマカオの知名度をさらに高めると同時に、他の旗艦ホテルがそうであったように訪問者数を増加させるものと期待しています。」

サンズ・チャイナは、1月下旬からロンドナー・マカオの予約受付を開始する。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。