2022年12月06日

90歳ギャンブラーが起訴、米カジノで置き忘れの財布盗んだ疑い

米ペンシルベニア州ピッツバーグのカジノ施設「Rivers Casino Pittsburgh」で、90歳の女性ギャンブラーが他の顧客の財布から現金とゲームバウチャーを盗んだとして訴えられた。Casino.orgが伝えた

刑事告訴状によると、男性ギャンブラーがカジノフロアのスロットマシンに誤って財布を置き忘れたのに気がつき引き返したところ、財布はすでになくなっていた。

カジノの警備員が監視カメラの映像を確認したところ、女性が財布を調べていた姿が映っていたとされる。彼女は財布から現金約1000ドルと300ドル以上のゲームバウチャーを取った後、トイレのゴミ箱に財布を捨てた。

警備員と警察が財布を盗んだ犯人と特定する前にカジノを去っていたが、彼女は後に逮捕された。盗んだとされる品物の価値が2000ドル以下であるため、第1級の軽犯罪の財産の窃盗容疑で起訴された。

Rivers Casino Pittsburghは、2400台以上のスロットマシン、約100台のテーブルゲーム、BetRivers Sportsbookをプレーヤーに提供している。来週には、同カジノ初のホテル(客室数210室)がオープンする予定だ。

 

シェアする