2022年12月06日

マカオのカジノSJM、22年年第3四半期のゲーム収入は60%減

マカオのカジノ運営企業SJM Holdingsは、2022年第3四半期の純ゲーミング収入が、前年同期比で60%減の9億1300万香港ドルだったと発表した。また、同四半期の純損失は19億香港ドル。コロナ流行による旅行制限の影響を受けた。World Casino Newsが伝えた

7月にマカオでCOVID-19が流行し、マカオのすべてのカジノ施設とカジノは12日間営業を停止した。

グループの統合型リゾート「Grand Lisboa Palace」は、2021年7月に一般公開された。同リゾートの総収入は1億1500万香港ドルで、これには4600万香港ドルのゲーム総収入と6900万香港ドルの非ゲーム活動からの収益が含まれている。

ペニンシュラ施設のGrand Lisboaでは、ゲーム総収入は1億100万香港ドルだった。昨年の第3四半期の6億700万香港ドルから大幅減少している。

SJMは第3四半期末で、現金および銀行残高、短期および担保付銀行預金が45億4000万香港ドル、借入金が268億香港ドルであることを報告した。

 

シェアする