2024年03月02日
online casino

PointsBet、マサチューセッツ州のゲーミングライセンス申請を取り下げ

マサチューセッツ州ゲーミング委員会は23日、Pointsbetが同州での一時的なカジノライセンス申請を取り下げると発表した。GAMING INSIDERが伝えた

一時的なゲーミングライセンスの申請は、1年間、またはオペレーターライセンス申請に関する最終決定がなされるまでの間、ゲーミング事業体にスポーツベッティング賭博サービスを実施するのを認めるものだ。

マサチューセッツ州ゲーミング委員会の事務局長であるカレン・ウェルズ氏は、Pointsbetが2月22日に同委員会に連絡を取り、マサチューセッツ州の仮免許申請から撤退するとの通知があったことを確認した。

これまで、11の申請者がマサチューセッツ州ゲーミング委員会に連絡を取り、一時的なライセンス申請に必要な書類作成を依頼した。これには、ギャンブル運営会社に関する正当性の証明と、ライセンス処理に必要な100万ドルの手数料を提供することが含まれる。

合計11人の申請者のうち、9人だけがライセンスフォームを完成させ、マサチューセッツ州ゲーミング委員会に100万ドルの手数料を支払っている。これらは、Ballys、Betr、DraftKings、Fanduel、Caesars Sportsbook、Wynnbet、BetMGM、Penn Sports、Fanaticsだ。

シェアする