2023年01月29日
casino

リヒテンシュタイン初のブティックカジノ「Plaza Casino Liechtenstein」が開業

リヒテンシュタイン初のブティックカジノ「Plaza Casino Liechtenstein」が23日に開業した。場所はシャーン市にあるRisch研究所の建物内で、リヒテンシュタインで6カ所目のカジノだ。World Casino Newsが伝え

カジノは400平方メートルの比較的小規模なもので、6つのテーブルゲーム、90台のスロットマシンを設置した。

同カジノの運営はBestWinAG社が行い、同社のマネージングディレクターであり、現在は閉鎖されているシャーン市のカジノ「Casino Maximus」のマネージングディレクターを務めていたトビアス・アクセル氏が担当する。

リヒテンシュタインは2010年にギャンブルが合法化されて以来、近隣諸国からギャンブル客を呼び込むことを主目的として、ここ数年で5つのカジノをオープンさせた。
バルザース市の「96」、シャーンの「Casino Maximus」の閉鎖で、カジノ数は一時的に4カ所となったが、ファドゥーツに「Castle Casino」 、シャーンに「Plaza Casino Liechtensteinが開業したことで、リヒテンシュタインのカジノ数は再び6カ所になった。

また、7番目のカジノエッシェンの「LC Casino」も、経済局から正式なライセンスを取得次第、開業する見込み。

この最新のカジノがライセンスを取得した後、リヒテンシュタインのギャンブル規制当局は、2025年12月31日まで、新たなカジノの申請を受け付けないと発表している。

 

シェアする