2020年09月23日
プレステ5について分かっている情報

PlayStation 5のスペック発表、コンソールVRにはハイエンドPCパワー

ソニーは18日、PlayStation 5のスペックを発表した。コンソールVRにハイエンドのPCパワーが備わるが、GPUはXboxシリーズXほど強力ではない。UPLOAD VRが同日伝えた

ソニーは昨年4月、PS5が既存のPlayStation VRヘッドセットをサポートすることを確認していまた、PS5でもPS4ゲームを楽しめるとしていたが、今回の発表ですべてのPS4タイトルが発売時に利用可能になるわけではないことがわかった。

スペック
PlayStation 5は、PS4 Proよりもパフォーマンスが大きく飛躍し、7年前に発売されたベースのPS4とはまったく異なるレベルだ。

参考:UPLOAD VR

GPUは数世代先にあり、PS4のほぼ6倍強力だ。これは、XboxシリーズXでも使用されているAMDの最新のRDNA2アーキテクチャによるものだ。多くのPC VRゲームでは、PS4で解像度を縮小する必要があったが、PS5の場合は少なくとも数年はそうではないだろう。

PCの観点では、GPUはNVIDIAのRTX 2070 Superと非常によく似たパフォーマンスを発揮するはずだ。

CPUクロック速度はほぼ2倍になった。開発者はこれを利用して、詳細な物理シミュレーションとより高度なAIを備えたゲームをPlayStation VRにもたらすことができるはずだ。

CPUとGPUは、現在のワークロードに基づいてそれぞれに周波数を割り当てる可変クロック速度システムを使用する。これにより、これまでコンソールでは見られなかったGPU周波数が可能になるが、開発者はCPUとGPUの両方で同時に最大のパフォーマンスを得ることができなくなる。
また、開発者はより多くのRAMを使用できるようになり、メモリ帯域幅は約2倍になった。しかし、この次世代コンソールの最も重要な改善点は、機械式ハードドライブから高速ソリッドステートドライブへの移行だ。これにより、ストレージパフォーマンスがほぼ100倍向上している。

これにより、ロード時間がわずかに短くなるだけでなく、RAMの改善と組み合わせることで、より詳細でより大きなオープンワールドが可能になる。

新技術
新しいハードウェア機能は、開発者がシステムで実行できることを強化することも可能だ。
ハードウェアアクセラレーテッドレイトレーシング(NVIDIA RTXのように、これにより非常にリアルな照明が可能になる)
Tempest Audio Engineは数百の空間化されたオーディオソースをサポートする
Geometry Engineは、オクルージョンカリングなどのタスクにハードウェアアクセラレーションを提供する
HDMI 2.1(可変リフレッシュレート付き)(最大120Hz)

XboxシリーズXとの比較
マイクロソフトによると、Xbox シリーズ Xは発売時にVRをサポートしないため、長期的にもVRに焦点を合わせていない。XboxシリーズXは、全体的に若干強力なコンソールのようだ。しかし、

参考:UPLOAD VR

シリーズXの価格はPS5よりも高くなる可能性がある。ただし、パフォーマンスの違いはフォームファクターが根本的に異なるためである可能性もある。マイクロソフトはPCに似たタワーの標準コンソールデザインを捨てたが、ソニーはほぼ同じフォームファクターを維持しようとしている。

PCへのギャップを埋める
現在、コンシューマーVRグラフィカルの忠実度には3つの「ティア」がある。PC(Rift / SteamVR)、コンソール(PSVR)、およびスタンドアロン(Oculus Quest)だ。

PlayStation 5のリリースにより、PCとコンソールVRのギャップが解消され、より多くの視聴者が忠実度の高い仮想世界にアクセスできるようになる。現在のPlayStation VRヘッドセットの価格が引き下げられた場合、同等のPCを構築するのにかかるよりもはるかに低い700ドルと見ることも可能だ。

もちろん、ソニーは次世代のPlayStation VRヘッドセットにも取り組んでいる。これはほぼ確実にPS5とともに発売されることはありえないが、ヘッドセットが新しいコンソールのパワーでどのようなスペックを持つのか期待される。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。