2020年10月20日

韓国カジノのパラダイス、 6月の収益は8割減少

韓国で「パラダイス・ウォーカーヒル」「済州グランド」「釜山カジノ」「パラダイス・シティ」の4つの外国人専用のカジノを運営しているのパラダイスは、6月の収益が前年同月比80.8%減の138億ウォン(約12億4000万円)だったと発表した。Asia Gaming Briefが3日伝えた

収益は前月の297億ウォンからは53.6%の減少している。6月のテーブルゲームの売上高は121億ウォンで82.2%減、機械の売上高は16億9000万ウォンで56.2%減だった。2020年上半期(1月〜6月)の売上は前年同期比41.4%減の2058億ウォン。

6月のテーブルドロップの合計は1193億5000万ウォンで、5月から36%減、前年同期からは79.4%減となった。

パラダイスのジノ部門はグループの連結売上高の80%を占めている。

同グループのカジノは4週間のロックダウンを経て、4月中旬に再開した。韓国ではパンデミックへの対応が評価されてきたが、最近では新規感染者や外国人感染者が続出し、再び増加傾向にある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。