2020年08月09日

インディーズゲームが試せるXbox夏のゲームデモイベント、7月21日開始

マイクロソフトは、今後発売予定のXbox One用ゲームのデモを展開する計画を明らかにした。数十のデモをダウンロード可能な状態にする予定だ。同社はブログ記事で、夏のゲームフェスティバルの一環として、Xbox Oneの所有者が75〜100タイトルの未発表ゲームを試すことができるようにするという。期間は7月21日〜7月27日まで。Venture Beatが1日伝えた

マイクロソフトによると、デモフェスティバルに参加する約100本のゲームのうち60本は新作という。これにより、ゲームファンはこの先にあるものを少しだけ垣間見ることができるはずだ。しかし、これらはプレリリースのデモではないことに注意が必要だ。

ID@Xboxマーケティング責任者のグレン・グレゴリー氏は次のように話した。
「通常、デモチャンネルでご覧いただけるデモは、ゲームが完成した後(またはほぼ完成した後)に作成され、最終バージョンを表しています。しかし、これらのデモの多くは初期のものであり、中にはしばらく発売予定のないゲームのためのものもあります。これまでにこのようなイベントを行ったことはありませんでした。つまり、これらのゲームを早期に体験することができるということです。これは素晴らしいことですが、これらのゲームはリリースが近づくにつれて進化し続け、洗練されていくことにも注意が必要です。」

また、Xboxサマー・ゲーム・フェスタのデモイベントは、ID@Xboxのイニシアチブであることにも注意が必要だ。つまり、主にインディーズゲームを扱っており、マイクロソフトの次世代Xboxとは直接関係がないということだ。なお、同社は現在、7月23日に次世代Xboxのファーストパーティの発表会を予定している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。