2020年12月05日

フィリピン店舗型カジノ、オンラインでのベット受け入れ検討

philippines

フィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)は、カジノオペレーターと政府がコロナウイルスによる損失を軽減する方法を模索しているため、店舗型カジノがオンラインでのベットを受け入れることを可能にする提案を検討している。Asia Gaming Briefが伝えた

PAGCORは、フィリピンのカジノオペレーターから要請を受けたと述べた。
「今年のロックダウンの間に、店舗型のカジノオペレーターから、既知の顧客からのみオンラインでのベットを受け入れるという提案を受けました。関連部門は現在、提案に関連した調査を行っています。」

ある業界関係者によると、この提案はフィリピン国内のクライアントのみに関連するものであり、発表はすぐに行われる可能性が高いという。

数週間前から、PAGCORがオンラインギャンブル市場を地元の人々に開放するための提案を検討しているという噂があった。現時点ではカジノのみに限定されているようだが、特にコロナウイルスによる強制的なカジノ閉鎖を考えると、多くの業界関係者が期待していた収束に向けた一歩と言えるだろう。

フィリピンのカジノ施設は、ウイルスの拡散を阻止するために強化されたコミュニティ隔離措置の下、3月に閉鎖を余儀なくされた。8月末には営業規模を3割に限定し、再開を始めている。

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。