2022年12月06日
philippines

比カジノ「オカダマニラ」の所有権で係争中の岡田氏、マニラ空港で逮捕

フィリピン警察は18日、日本のユニバーサルエンターテインメントの元取締役の岡田和生氏を逮捕したと発表した。岡田氏はフィリピンのカジノ「オカダマニラ」を敵対的に買収し、重強制の罪で刑事告訴されていた。現在は保釈金を支払い拘束されていない。Rapplerなどが伝えた

17日にマニラ空港で逮捕された。岡田氏は、オカダマニラの経営権を巡って揉めている。
ユニバーサルエンターテインメント子会社でオカダマニラを運営するタイガーリゾート親会社の取締役やその権限について争っている。岡田氏の指示を受けたグループが2022 年5月31日にオカダマニラを管理下に置いた後、最高裁判所やPAGCORも交えた調整を経て、ユニバーサルエンターテインメントが9月5日付けで、岡田氏に占拠されたオカダマニラの施設や運営の管理権を奪還したと発表していた。

岡田氏は、自身がオカダマニラの正当な所有者であることを証明できると述べ、フィリピンの法廷での勝利に自信を示した。

シェアする