2020年07月10日

コロナでオンラインカジノ利用者増加? イタリアでは急増なし

カジノ・IR

コロナウイルスのパンデミックによりオンラインカジノの利用者が増加している。しかし、イタリアのオンラインカジノ事業者においては、急増はしていないようだ。CalvinAyreが24日伝えた

イタリアの税関と独占局は23日、コロナウイルス(COVID-19)の制御のため、今年初めに閉鎖を命じられたギャンブル事業を含む国の小売業を再開するための計画の更新した。4月27日からタバコ屋が特定の数値抽選宝くじ製品を販売再開するのが許可され、5月4日からは店員による確認が必要な宝くじ商品の販売が許可される。5月11にはスポーツベッティングを提供する店舗が事業を再開する。

イタリアの小売業者の中には、休業期間を経て再開できる状態にある業者がどれだけいるのか疑問の声を上げる人もいる。先週の調査では、政府の支援なしに営業を開始するのに十分な資金的流動性があると答えたのは、小売ゲーム運営者の38%に過ぎないことが判明した。

どんなオンラインカジノが急増したのか?
Playtechは、Snaiブランドを介してイタリアで主要なB2C事業を運営しており、Playtechの2019年のB2C収益9億ユーロ(約1043億円)のうち、8億3000万ユーロ近くを占めている。Snaiのオンライン収益は、主にスポーツベッティング事業が好調で昨年は前年比21%増加したが、コロナウイルスによりセリエAのサッカーや他のほとんどすべての主要スポーツが中止になっている。

他国の市場では、コロナウイルスによる閉鎖期間中に、オンラインカジノの収益が大幅に増加したと報告されているが、この傾向はイタリアでは当てはまらないようだ。3月の統計によると、イタリアのオンラインカジノの収益は前年同期比20%増となり、悪くない利益を上げているが、ポーカーの収益は同期間で2倍になっている。

イタリアのギャンブル関連会社Gioco Newsは今週、イタリアでライセンスを持つ大手オペレーター数社とデジタル討論会を実施した。マイクロゲームズCEOのMarco Castaldo氏はそこで「考えられていることに反して、ギャンブルの停止による危機は他のゲームの成長によって緩和されていない 」と述べた。

Castaldo氏によると、マイクロゲームズのオンラインカジノの収益は10%減少したが、ビンゴとポーカーはそれぞれ50%と70%増加した。しかし、顧客は「以前とは違う遊び方をしている」ため、これらの利益は収益の増加にはつながっていなかった。より多くの時間を過ごすのに支出が減っており、賭け金(この場合はユーロ)に見合うだけのエンターテイメント価値を得ることに重点を置いているからという。

イタリアのオンサイトのスロット市場の規模を考えれば、小売プレイヤーがオンラインでプレイするようになってからは、アクセスの洪水が起こると予想されるかもしれない。しかし、Novomatic Groupの子会社Greentubeの最高法務責任者であるTrevor De Giorgio氏は、「オンサイトからデジタルへのプレイヤーの移行は見たことがない」と述べている。

さらに、オンラインスロットのプレイヤーがよりアクティブで、より多くのスピン数を持っている場合でも、彼らはスピンあたりの支出を減らしており、効果的に新しい環境に適応しているので、「制御の損失はない」という。

他の場所でギャンブルをしているのか?
今月初め、イタリアの主要ギャンブル業界団体LOGiCOの会長であるMoreno Marasco氏は、小売業がイタリアのギャンブル市場の91%を占めていると指摘した。しかし、Marasco氏は、Bet365、GVC Holdings、Kindred Group、The Stars Group、William Hillなどの大手を含む業界のメンバーから、小売業の停止に続いて活動が「大幅には増加していない」との報告を受けたと述べた。

Marasco氏は、イタリアでオンラインでのアクセスが急増しないのは、2つの結果のうちの1つを示している可能性が高いと分析してい。それはイタリアのギャンブラーがパンデミックの影響で経済的に苦境に陥ったか、国際的に認可されたオペレーターとギャンブルをすることで「違法性に陥った」かのいずれかという。

後者の場合、Marasco氏は、イタリア人は「気づかないうちに」そうしていたかもしれないと示唆している。イタリアのギャンブル広告の新たな規制は、インターネット上で「唯一目に見える事業者」がイタリアでの営業を許可されていない事業者であることを意味している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。