2020年09月27日

YouTubeストリーマーCouRage、コロナウイルス救済チャリティー 開催中、40万ドル集める

ユーチューブのストリーマーでeスポーツ組織100 THIEVESのコンテンツクリエーターCouRageは、コロナウイルスの危機に対する救済チャリティーを開催している。チャリティーストリーミングを開始してから4時間で25万ドル(約2700万円)の目標を達成。現在は50万ドルに向けてストリーミングを続けている。

調達した資金はCDC財団に寄付される。CouRageは彼の誕生日に開催しているこのチャリティーを「人生で最も重要なストリーム」と述べている。4月24日10時50分時点で40万ドル以上が集まっている。

Jack “CouRage” Dunlop
(25万ドルを調達した。4時間で。ヒゲを生放送で剃ろうとしている…30万ドルへの道が始まる! )


(38万7000ドルを集めた。メインイベントの時間だ。夜にウノを @Ninja、 @timthetatman、@BasicallyIDoWrk!とプレイ)

CouRageはコールオブデューティ(Call of Duty、CoD)やフォートナイト(Fortnite)をプレイ。仲間のScump、Nadeshot、Symfuhny、などもストリーミングに登場した。

CouRageを通じての寄付は、ここからできる。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。