2021年04月16日

ニューヨーク州、予算の穴埋めにスマホでの賭け提供承認か

online casino

ニューヨーク州のクオモ知事は、モバイルアプリを介した賭けの提供を合法化する法案に署名する可能性を示唆した。しかし、アナリストによると、モバイルスポーツベッティングからの税収予測は、州予算の穴を埋めるのに十分ではなく、市の統合型カジノリゾートのオプションを検討する必要があるという。GAMEBLING NEWSが伝えた。

ドイツ銀行のゲーミングアナリストであるカルロ・サンタレッリ氏は、現在の市場予測に基づいて、8%から13%の税率を適用した場合、7500万ドルから1億2500万ドル(約77億6000万円〜129億3000万円)の税収になると投資家に語った。

「スポーツベッティングからの税金は、年間の実行率の赤字の約1%に相当します。長年にわたり、クオモ知事はモバイルスポーツの賭博に抵抗しており、スポーツ賭博全般に由来する税収の影響を大きく否定していると言われています。我々はこれに概ね同意しています。州税の影響と雇用創出の両方を考慮すると、2021年にはニューヨーク地域のデスティネーション・リゾート・カジノの見通しは、それ以前のどの時期よりも明るいものになる可能性が高いと考えています。」

ニューヨークは、4年間で700億ドルから750億ドルの財政赤字を見込んでおり、連邦政府の援助によって600億ドル程度、つまり年間150億ドル程度にまで引き下げることが可能だ。ドイツ銀行のアナリストは、そのギャップの大部分は、デスティネーション・リゾート・カジノで埋められる可能性があると示唆している。

サンタレッリ氏は、クイーンズはこのような統合型カジノリゾートの可能性が高い場所であると同時に、この土地を建設するためのフロントランナーであるラスベガス・サンズを指摘した。

「私たちは、ラスベガス・サンズがこのプロジェクトに50億ドル以上を費やし、かなりの経常的な賭博税収入を得るだけでなく、雇用創出にも貢献できると考えています。」

ニューヨークの有権者が承認した統合型カジノリゾートの2023年のタイムラインを前倒しすることへのカジノ大手の関心は、特に昨年、このアイデアのロビー活動のために元ニューヨーク州知事のデビッド・パターソンを雇ってからは、公のものだった。

ラスベガス・サンズが発表した調査によると、市の統合型カジノリゾートは15億ドルの税金を捻出し、ニューヨーク都交通局、公共教育、その他の様々な公共ニーズの資金源となる可能性があるという。

これまでのところ、ニューヨークは小売スポーツベッティングのみを認めており、州民はこれらの資金を社内に留める代わりに、ニュージャージー州まで車で移動したり電車に乗ったりして、そこでスマートフォンで賭けをするように促している。11月には、ハドソン川全域のスポーツブックが9億3100万ドルのスポーツ賭け金を記録し、賭け金の94%である8億7200万ドルがモバイルアプリやオンラインを介して行われた。

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。