2020年09月29日

有望揃い!2020年8月の新作VRゲーム!

今月は話題にすべきVRゲームはのほんの一握りしかない。それでも、ここにあるのはギターヒーローへの回帰、Firewallのメーカーからの新しいシューティングゲーム、そして有名なレースフランチャイズの3つ目のエントリで有望なものだ!詳しく見ていこう!

Rocking Hero – 8月6日 (PC VR)

ギターヒーローとロックバンドの時代を思い出させるロッキングヒーローは、VRリズムゲームの時代のノスタルジックなスローバックだ。プレイヤーは曲に不可欠なエアギターの隣にあるギターに沿って手をスライドさせる。インデックスの場合はフィンガートラッキングも可能だ。既存のギターコントローラーにも対応している。アーリーアクセス版で、今のところ10曲のオリジナル曲が収録されている。

Stacksquatc– 8月10日 (PC VR)

出所:UPLOADVRStacksquatch は、VR 物理学の面白さで注目を集めた。基本的にはオブジェクトを積み上げてタワーを作るだけだが、進むにつれて成長していく。最初はリビングルームなどで始めるかもしれないが、大きなオブジェクトを掴み始めて積み上げたものが高くなってくると、すぐに天井を突き破らなければならなくなる。来週にはアーリーアクセス版がリリースされる。

Solaris: Offworld Combat – 8月27日 (Quest, Rift, のちにPSVR)

Firewall:Zero Hourのクリエイターは、期待のマルチプレイヤー VR タイトルの次作を発表したが、6月に開催された Upload VR Showcase で見たように、その内容は全く異なるものとなっている。Solaris は、Rainbow Six を Unreal Tournament に置き換えたもので、武器のピックアップなど、テンポの速いアリーナベースのアクションを提供している。オンワードとの競争は厳しいものになるだろうが、特にPSVR版の登場により、Solarisの優位性がさらに高まることを期待する。

Project Cars 3 – 8月28日 (PC VR)

Slightly Mad Studiosの最愛のレーシングシムが、伝統的なVRサポートを搭載して3作目を迎えた。徹底的にディテールを追求した本作は、アクセシビリティの高さで新たなユーザーを獲得することを目指しているが、真のガソリンヘビーの方にも飛び込む理由がまだたくさんあることを期待している。過去2作は、最も詳細で本格的な、そして最高に見栄えのするVRゲームを配信してきたので、それがこのゲームにも適用されることを祈っている。

出所:UPLOADVR

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。