2024年03月02日

オランダの合法ギャンブル市場、半年でアカウント数が53%増加

オランダのギャンブル規制機関Kansspelautoriteit(KSA)は26日、2021年10月に合法的なギャンブル市場を開始して以来、プレイヤーアカウント数が増加し、ゲーム総収入(GGR)が増加したことを明らかにした。iGBが伝えた

KSAのレポートによると、プレイヤーアカウント数は2022年7月の56万3000件から2023年1月には85万9000件と、半年間で52.6%増加。また、オランダの年間GGRは、2022年1月の9000万ユーロから2023年1月の1億2400万ユーロへと37.7%増加した。

KSAの会長であるRené Jansen氏は、今回の報告書によって、ギャンブル市場に対するKSAの考えが確認できたと述べ、プレーヤーにとって安全で規制された環境の必要性を強調した。

「今回の第4回モニタリングレポートでは、以前から予測していた通り、オンライン・ゲーム・オブ・チャンスの市場が成長していることが示されました。これは、私たちのすべての注意を必要とする発展です。
チャンスゲームのプロバイダーは、その安全な環境を実現するために、しっかりと注意義務を負い、プレイヤーを保護するためにタイムリーに介入する必要があります。」

報告書によると、2023年1月時点でアクティブなアカウントのうち18~23歳の若者が開設した数は18万4000件だ。オランダのゲーム市場にアクティブに参加している人の21%が若者だったことを指摘している。
2022年、若者が賭けたときの平均損失額は月54ユーロであったのに対し、他のベッターは月142ユーロであった。

オランダの自己排除登録Cruksに登録したプレイヤーの数も増加し、2023年4月には3万
8000人を超えた。これは2022年9月から65.2%の増加である。

オンラインおよびランドベースのギャンブルサービスの運営者は、登録時に顧客がCruksに登録されているかどうかをチェックする必要がある。報告書によると、チェックのピークは2022年11月で、男子ワールドカップ中継中に3800万件の相談が発生した。2023年1月にはチェックの合計が3100万件となった。これらのチェックの約90%は、オンラインゲーム関連の事業者からだった。

オンライン広告の出稿数は2023年1月までの1年間で48万1000件で、前年から39万8000件も増加した。
オランダの法的保護担当大臣であるFranc Weerwindは、この急増を受けて、来年7月1日から国内における「非標的」ギャンブル広告の禁止を確認している。

この禁止措置の一環として、事業者は2024年7月1日以降、テレビ番組やイベントのスポンサーになることができなくなり、2025年7月1日からはスポーツ分野でのシャツスポンサーなども禁止される。

 

 

シェアする