2024年04月17日
online casino

マイノリティは有害なギャンブルに対してより脆弱=the Howard League 調査

英国のthe Howard League of Penal Reformが発表した新しい報告書によると、マイノリティの人々は、人種差別などが原因で、有害なギャンブルに対してより脆弱であることがわかった。Gambling Insiderが伝えた

報告書によると、少数派民族のコミュニティのメンバーは、経済的に豊かになるためにギャンブルにのめり込んでいることが、インタビューにより判明した。彼らはギャンブルが社会経済的不利を解消する可能性を持っているという誤った希望を抱いていた。

委員会の議長であるロード・ゴールドスミス議長は、「この調査から得られた知見は、民族的少数派コミュニティの人々が直面する不平等や社会的、経済的、文化的要因が、彼らのギャンブルとギャンブルに関連する害や犯罪との関係にどのように影響するかについて独自の洞察を提供しています」とコメントしている。

シェアする