2024年04月17日

ブラジルのスポーツ賭博、GGRに対し税率15%を財務省が提案

ブラジルの財務省は、スポーツベッティングのGGRに対して15%の税金を課すことを提案した。iGBが伝えた。

ブラジルの法律事務所Montgomery&Associadosの創設者でマネージングパートナーのニール・モントゴメリー氏によると、15%という税率は英国モデルに基づいているが、既存の連邦社会貢献金や市町村サービス税を加えると、実際の税率が26.25%になる可能性がある。

そのため、ブラジルのゲーミング業界は、この問題を修正するようにロビー活動を行っている。
この規制体制の枠組みを概説する仮措置は近く完成する見通しで、仮措置が連邦普通法に転換されるには、議会で120日間の間に成立させる必要がある。

シェアする