2022年12月06日
casino

メタバースカジノSlotie、米国4州からNFT販売停止を命令を受ける

米国の4つの州の法執行機関は20日、メタバースでカジノを提供するプロジェクトSlotieに対し、NFTを販売しないよう緊急停止命令を出した。Slotieがメタバースで違法なギャンブル行為に参加するようオンラインで投資家を勧誘していたと主張している。CNBCが伝えた

テキサス州、ケンタッキー州、ニュージャージー州、アラバマ州の証券委員会は、Slotieが投資家を欺いたとして告発し、個人投資家に対する同社のNFTの販売を直ちに停止するよう命じた。メタバースカジノの所有権を表したNFTを、10万単位ほど販売したという。

グルジアの国に拠点を置くSlotieは、2021年10月に営業を開始した。ウェブサイトでは、同社のNFTは 「ブロックチェーン上で最大かつ最も急成長しているオンラインカジノネットワークへのチケットである」と述べている。

Slotieは証券化されたNFTを販売していたが、会社や創業者の事業所所在地などの必須情報を電話番号や電子メールアドレスで購入者に提供することを怠っており、メタバースカジノの運営に関連する資産、負債、収益やその他の財務情報を開示しなかったという。

テキサス州証券局のジョー・ロタンダ局長は、メタバースは合法的なビジネスチャンスを提供する一方で、一般市民を欺こうとする詐欺師たちに新たな場を提供する可能性もあると述べている。

「最新のメタバース投資商品(受動的な収入をもたらすと称するNFT)は、多くの場合、公表されていない重大なリスクを抱えています。これらのリスクはしばしば重大であり、仮想現実への投資は投資家を事実上無一文にしかねません。」

Slotieには、証券が適切に登録されるまで、投資家への販売を直ちに停止するよう命令が下った。創業者が命令に違反した場合、最高1万ドルの罰金が科される。

 

シェアする