2022年12月06日

Marina Bay Sands、第3四半期の純収益は前年同期3倍の7億5600万ドルに

カジノ大手 Las Vegas Sands傘下でシンガポールのカジノ運営会社Marina Bay Sands(MBS)の7〜9月の純収益は、前年同期の2億4900万米ドルから7億5600万米ドルに増加した。The Business Timesが伝えた

MBSの調整後の金利・税金・減価償却前不動産利益(EBITDA)も、2021年の1500万米ドルから23倍も増益し、3億4300万米ドルに達した。

Las Vegas Sandsが所有する他のカジノ施設のほとんどの純収益が減少したにも関わらず、Marina Bay Sandsは好調だった。

MBSのホテル稼働率も昨年の71.1%から今年は96%に、1泊あたりの平均単価は235ドルから515ドルに伸びた。

LVS全体では、Marina Bay Sandsの事業回復に支えられ、損失額は前年の3億6800万米ドルから2億3900万米ドルに縮小している。

シェアする