2024年03月05日

オンカジBet365のボーナス不正取得、英国の男が詐欺で懲役5年

英国エセックス郡のStapleford Tawneyに住むJon Howard氏(40歳)は、Bet365に対して個人情報を偽り、ボーナスを不正取得した詐欺の共謀罪で5年間の懲役を言い渡された

Howard氏はまた、銀行に対する詐欺行為の共謀でも有罪判決を受けた。

Howard氏は、オンライン・アカウントを作成し、1つのアカウントに課される制限を受けずに賭けを行うシンジケートの一員だった。そのため、他の方法では獲得できないボーナスを集めていた。

同氏は、2008年から1000以上のオンラインベッティングアカウントに関与していた犯罪組織の中心人物であったとして訴えられている。この詐欺行為を通じて、彼は23万6000ポンドを受け取ったと推定されている。

法廷で明らかになったのは、人々が自分の情報をHoward氏に渡し、Howard氏はその人になりすましてBet365のサービスにアクセスしたことだった。これにより、彼はボーナスを利用し、Bet365の詐欺やマネロン対策を回避していた。

Mike Monkton刑事部長によると、他人の名義でオンラインベットをすることは、利用規約に反しており、彼らはギャンブル会社を欺くために不誠実な企業を設立していた。

Howard氏の共同被告人2人のうち、Anna Nikolopoulos氏は無罪、Daniel Gorman氏は、マネーロンダリングについては無罪となったが、銀行に対する詐欺行為の共謀については有罪を認めた。Gorman氏は禁固16ヶ月、執行猶予12ヶ月で、100時間の無報酬労働となった。

シェアする