2024年04月24日
casino

Kindred社の第1四半期における有害賭博からの収益は3.0%に減少

オンラインギャンブル事業者のKindredは、2023年第1四半期の有害なギャンブルによる収益の割合が、前四半期の3.3%から3.0%に減少したと発表した。リスクのある顧客を自動的に検出し、介入する技術が功を奏したという。YOGONETが伝えた

2023年第1四半期にリスクのあるギャンブル行動を検出された顧客の83.0%は、顧客対応チームによる介入後、問題あるギャンブル行動が改善された。「前四半期からの改善は、自動検出と介入活動の重要性を示す新たな証拠となる」と同社は述べている。

Kindred Group の CEO である Henrik Tjärnström氏は、次のように話した。
「私たちは、有害のマーカーを示しているお客様を検知し、関与することの重要性を継続的に強調してきました。有害な行動を防ぐには、早期介入が重要であり、一部の市場で行った自動介入の展開の結果を見ることができてうれしく思っています。今後、Kindred社内の様々なチームによる全体的なアプローチとコラボレーションを追っていくことを楽しみにしています。

責任あるギャンブルは、あるチームだけの要因ではなく、社員一人ひとりが有害な収益を減らすための知識とコミットメントを通じて貢献するものです。技術チームが責任あるギャンブルや顧客対応チームと手を取り合って働くことで、さまざまな市場で改善された介入策を迅速にリリースすることができます。すべては、私たちの “Journey towards Zero “のロードマップに沿ったものです」

Kindred社は、ギャンブルコミュニティや生活体験の多様な専門家組織からなる英国のチームが推進するパイロットプロジェクト「Journey Towards Zero Panel」を結成。同社は、有害なギャンブルからの収益をゼロにすることを目標に掲げ、この指標を四半期ごとに報告するという。

シェアする