2022年12月06日

マカオのカジノ免許入札、2週間以内に決定へ

マカオの公共放送TDM Radioは、マカオのカジノ免許の入札申請について、まもなく結果を発表すると報じた。Casino.orgが伝えた

マカオの現在のカジノライセンスは今年末に失効する。2023年1月1日から2033年12月31日まで有効な新しいカジノ運営免許は6枠だ。

ラスベガス・サンズ、MGMリゾーツ、ウィン・リゾーツ、メルコ・リゾーツ、ギャラクシー・エンターテイメント、SJMリゾーツが現在の運営会社で、新しいライセンスを取得する有力候補だ。ここに、マレーシアの大手カジノ企業であるゲンティン・グループが入札に加わっている。

この地域の現在の6つのゲーミングオペレーターは、新規参入者を迎え入れる代わりに、現状維持が地域の最善の利益であるとマカオ当局を説得する必要がある。

しかし、マカオは、入札による再ライセンスを通じて、ゲーミングから経済を多角化することを望んでいる。今月初め、6つのカジノ事業体は、合計1000億マカオパタカをリゾートに投資し、その資金をゲーミング以外のアメニティやアトラクションに回すことに合意した。しかし、TDMラジオは、Gentingが入札に参加して以来、マカオはより多くの投資資金を求めていると報じた。

SandsとGalaxyはそれぞれ500億マカオパタカ、他の4社はそれぞれ150億マカオパタカの非ゲーミングへの投資を要求される可能性がある。

シェアする