2022年08月16日

マカオのカジノ、7月のゲーム総収入は2003年以来最低

マカオのカジノの2022年7月のゲーム総収入(GGR)は、前年同月比95.3%減の3億9800万マカオパタカ(4920万ドル)だった。市当局がデータを公開している2003年以来、最低の月となった。GGRなどが伝えた

マカオのカジノは、コロナの感染拡大防止措置として7月11日から7月22日まで閉鎖され、7月は19日間しか営業していない。

今年1月1日から7月31日までの累計GGRは、前年同期比53.6%減の266億7000万マカオパタカだ。

マカオ保健当局は、コロナ対策で制限していたカジノ以外の各施設も2日から営業再開すると発表しているが、中国本土との旅行規制は継続するようだ。

シェアする