2022年11月27日

比eスポーツBren Esportsのオーナー、薬物事件関与で起訴も潔白主張

フィリピンの大手eスポーツチームBren Esportsのオーナーである Bernard “Bren” Chong 氏が、マニラの18.7 億ペソ(3300 万ドル)の違法薬物の密輸事件に関与したとして、フィリピン当局に起訴された。Kotakuが伝えた

Chong 氏は、2019年にマニラ国際コンテナ港を通じて薬物を密輸したとして罪に問われた海運会社のオーナーの1人であることが判明したため、国家捜査局(NBI)は捜索を開始し、危険ドラッグ総合法に基づく「違法薬物犯罪」で起訴した。

海運会社Fortuneyield Cargo Services Corporationは、コンテナの保証金と輸送費をChong支払ったとされ、NBIは「これらの多額の支払いが、ゼネラルマネージャーの認識と同意なしに行われることは不可能だろう」と述べている。

ChongはTwitterで以下のように潔白を主張している。

(この数時間、私の母国フィリピンでの事件への関与の疑いについて、いくつかのニュース記事が書かれています。このスレッドは、私が長年大切にしてきた名声を失墜させる可能性のあるこれらの主張を断固として否定するために書きました。

皆さんの中には、私をeスポーツコミュニティの一員としてしか知らない方もいるかもしれませんが、実際はそれ以上に幅広い人間であり、エンジェル投資家であり起業家でもあるのです。私は、大きな可能性を秘めた企業やスタートアップに投資したり、自分で起業したりしています。

素晴らしいアイデアを持っている人、さらに言えば、善良で優れた才能を持っていると思える人に投資しています。

私は、無実の人々を守る司法制度を信じ、真実は常に勝つと信じています。そして、このような困難な時期にご支援をいただき、ありがとうございます。)

シェアする