2024年04月24日

ラスベガス・サンズの収益が大幅回復、23年第1四半期は33億9000万ドル

ラスベガス・サンズ社は、2023年第1四半期の収益が33億9000万ドルだったと発表した。
同社のシンガポール、マカオ、中国のカジノリゾートの回復が進んでおり、前年同期14億9000万ドルから大幅に改善した。World Casino Newsが伝えた

純収益は21億2000万ドルで、前年同期の9億4300万ドルから2倍以上になった。その結果、営業利益は前年同期の3億200万ドルの営業損失に対し、3億7800万ドルの黒字となった。

純利益は、1億4500万ドルで、前年同期の4億7800万ドルの損失から回復した。

同社の会長兼最高経営責任者であるロバート・G・ゴールドスタイン氏は次のように話した。
「シンガポールでは、当四半期にMarina Bay Sandsの回復が進み、同施設がマスゲームとテナント販売の両方で再び傑出したレベルの業績を達成したことを嬉しく思っています。 空輸能力が向上し、中国やその他の地域の旅行・観光支出の回復が続く中、より多くのお客様に当社の新しいスイートルーム製品を紹介する機会を得ることができ、引き続き活力を感じています。」

ゴールドスタイン氏によれば、当四半期はマカオの事業も好調に推移した。
「マカオでは、当四半期において、ゲーミング、ノンゲーミングのすべての分野で現在進行中の回復が加速し たことを嬉しく思っています。私たちは、マカオを訪れる外国人旅行者を含め、地域全体からの旅行者に対するマカオの観光の魅力を高めるための投資を継続する機会に深い熱意を持ち続けています。」

シェアする