2020年10月01日

韓国カジノ江原ランド、コロナ対策で再び営業停止

韓国国内最大のカジノで唯一地元住民の受け入れを認めている「江原ランド・カジノ(Kangwon Land Casino)」は、コロナウイルスの新たな感染者増加に対抗するため、国家保健当局が社会的距離を置くガイドラインの強化を発表した後、再び閉鎖された。Inside Asian Gamingが24日伝えた

江原ランドのカジノは日曜日の夜10時に営業を停止し、来週の土曜日8月29日午前6時まで営業を停止する予定だ。カジノが閉鎖を余儀なくされたのは今年2回目で、当初は2月23日に営業を停止していたが、5月8日にVIPゲスト向けに、7月20日からはメインゲームフロアのプレイヤー向けに再開した。

江原ランドは再オープン以来、1日の入場者数の上限を750人としていたが、8月中旬には1800人にまで増加しており、キャパシティの約25%を占めていた。

江原ランドは土曜日、パレスホテルの最近の宿泊客がコロナウイルスの陽性反応を示したことも明らかにした。同社によると、この宿泊客は8月18日に訪問し、約3時間滞在したが、他の宿泊客との接触はなかったという。この宿泊客の部屋は閉鎖され、徹底的に清掃されたという。

今回の閉鎖は、江原ランドがコロナウイルスの影響で20年第2四半期に1040億ウォン(約92億2000万円)の営業損失を計上した後のことだ。

韓国では、日曜日の時点でコロナウイルス感染者が計1万7399人、309人の死者を記録しており、過去24時間の間に332件の新たな患者が発生している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。