2022年12月06日

韓国済州島のカジノ、145億ウォン窃盗事件の容疑者を逮捕

韓国当局は、リゾート地である済州島のカジノ「済州シンファ・ワールド」で2021年に発生した強盗事件の主要容疑者を逮捕した。Casino.orgが伝えた

カジノジャンケットオペレーターで中国人のWu氏はで、11月2日にドバイからの便で韓国に渡航しようとしていたところ、逮捕された。済州島当局は彼を逃亡者とみなし、国際刑事警察機構(ICPO)の国際手配を要請していたからだ。

2021年1月、済州シンファワールドの金庫から1338万米ドル相当の韓国通貨が消え去り、地元メディアは「145億ウォン蒸発事件」と読んだ。

シンファワールドは2018年に開業。ホテル、複数のテーマパーク、ウォーターパーク、K-POPをテーマにしたエンターテインメントセンターなどからなる巨大なカジノリゾート地だ。

警察は当初、盗まれた大量の現金は重く、持ち運びが困難であるため、不可解に思っていた。盗まれた紙幣は29万1200枚で、その重さは617ポンド(約280Kg)にもなる。現金がかさばることから、少なくとも2人の犯人が関与したと疑った。

警察がカジノを捜索したところ、紛失した金のほとんどは、カジノの金庫から、近くにあるWuが借りた別の個人用金庫に移されただけであることが判明した。カジノの資金を管理していた中国系マレーシア人の女性幹部、Lim Mo氏と共謀して、約650万米ドル相当をWuの金庫に移したようだった。

韓国の報道機関によると、Wu氏はいかなる不正行為も否定している。金庫に振り込まれたお金は自分のもので、ギャンブルで手に入れたものだと主張している。逃亡したのは個人的な理由であり、捜査から逃れるためではない と言っている。

呉氏は、裁判官が済州警察庁の逮捕状申請を「自分の金である可能性がある」として却下したため、現在は拘束されていない。

シェアする