2020年04月10日

インペリアル・パシフィック、サイパンIRの高級ヴィラ7戸が完成

casino

香港のインペリアル・パシフィック・インターナショナル(Imperial Pacific International、IPI)は、サイパン島ガラパンのIR「インペリアル・パレス・サイパン」のVIP向けヴィラ7戸が完成したと発表した。ミクロネシアのニュースサイトMarianas Varietyが17日伝えた

完成したのは本館の東棟にあるヴィラ6戸と、独立した2階建てのプレジデンシャル・ヴィラ1棟で、入居の準備が既に整っている。全てのヴィラにはインフィニティ・プールがあり、東棟の各階にあるヴィラの1戸には専用のゲームルームもある。また、各ヴィラにはダイニングテーブル、リビングルーム、風呂があり、豪華なカスタムデザインの家具やアメニティを備えた。キングサイズのマットレスだけでも最高2万7000ドル(約290万円)をかけているという。

今回完成したビーチフロントにあるヴィラは、当初は今年9月30日に完成する予定だったが、資金調達難や悪天候などにより完成が遅延した。そのほか、塔など残りのフェーズ1部分の完成は2021年2月28日を予定している。

IPIの上級副社長であるドナルド・ブラウン氏は、この5つ星の高級ホテルは「ゲームチェンジャー」になると考えており「パーソナライズされたサービス、世界クラスのルーム製品、比類のないアメニティを提供するインペリアル・パレス・リゾート・サイパンは、世界で最も豪華な統合ホテル・カジノ・リゾートの1つでしょう」と述べた。

IPIは、2019年上半期に18億8000万香港ドル(約264億4000万円)の損失、2018年には29億6500万香港ドルの損失を計上している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。