2022年12月06日
casino

米インディゴ・スカイ・カジノ、スロットプレイにIGTのキャッシュレス決済導入

米オクラホマ州ワイアンドットにあるカジノ「インディゴ・スカイ・カジノ」が、IGTのキャッシュレス・ソリューションを導入した。iOSとAndroidデバイスに対応したカジノ・アプリを通じて、スロットマシンのキャッシュレス決済が可能になった。GAMBLING NEWSが伝えた

世界的なゲーム会社のIGTとインディゴ・スカイ・カジノが提携し、カジノ施設にIGTのリゾートウォレットとIGTPayを導入した。インディゴ・スカイ・カジノの来場者は、アプリをダウンロードし、スカイウォレットのアカウントを作成可能だ。スカイウォレットはPINで保護されており、ユーザーはスロットマシン利用時にキャッシュレス決済できる。

インディゴ・スカイ・カジノのゼネラル・マネージャー、メラニー・ヘスケット氏は次のように話した。
「IGTと提携し、リゾートウォレットとIGTPayを介してキャッシュレスゲームを導入することは、インディゴスカイカジノがここ数年で完了した最も革新的なカジノフロア技術の展開の1つです。」

この新しい技術によってスロットのプレイが向上し、カジノのモバイルアプリのダウンロード数が増加したという。キャッシュレステクノロジーとアプリの利便性は、会場のゲストに好評だという。

シェアする