2022年12月06日

ドイツの規制当局、宝くじ賭博Lottolandへのインターネットアクセスをブロック

ドイツの賭博規制当局(GGL)は、国内すべてのインターネットサービスプロバイダに対し、Lottolandブランドのアクセスをブロックすることを検討するよう発表した。World Casino Newsが伝えた

連邦監視局は金曜日の公式プレスリリースで、Lottoland.com,、Lottohelden.de、Lottohelden.com のサイトは、ギャンブルに関する国の条約 (GluNeuRStV) に違反しているにも関わらず、多くのギャンブラーがそのことを疑っておらず、宝くじの抽選結果にオンラインで賭けていると指摘した。

GGLの共同最高経営責任者であるロナルド・ベンター氏は、違法なiGamingドメインへのアクセスをブロックするため、最近ではLottolandブランドのトリオが、複数の決済サービスを利用できないようにしており、さらに規制命令によってインターネットサービスプロバイダーに対し、インターネットアクセスによる不正サイトへのアクセスをブロックするよう求めた。
「インターネット・サービス・プロバイダーの意識を高めることは、非常に重要なことです。我々の命令にもかかわらず、不正なオファーへのアクセスを阻止しないプロバイダーは、罰金が科されるでしょう」

GGLは、7月にLottolandブランドの3社に対して法的手続きを開始し、その後、地元のインターネットサービスプロバイダー2社にサイトをブロックさせることに成功したことを明らかにした。さらに、今月初めには3サイトをブロックしており、「売上高の最も大きい5つのインターネットサービスプロバイダ」を通じてドメインを利用できないようにしたと発表している。

シェアする