2023年01月29日
casino

欧州のギャンブル収益が回復、パンデミック前より8%増加

欧州ゲーミング・ベッティング協会(EGBA)が発表したデータによると、欧州のギャンブル市場の今年の収益は、パンデミック以前のレベルを8%上回った。店舗型のギャンブルが再開し、収益が増加した。GAMBLING INSIDERが伝えた

「European Online Gambling – Key Figures 2022」レポートによると、2022年のヨーロッパのギャンブル市場の収益は、ベッティングショップとカジノの再開によって前年比23%増加し、1085億ユーロとなった。

EGBAの声明で次のように述べた。

「店舗型の賭博場が広域で閉鎖し、それに続く2020年と2021年のヨーロッパのギャンブル市場収入の減少の後、今年は2019年の流行前の収入レベルを8%上回って安定した 」

オンラインのカジノのゲーム総収入(GGR)は382億ユーロに達し、2021年に比べて8%増加した。一方、ランドベースの収益は「大きく回復」して703億ユーロとなり、2021年比で34%増、2019年比では6%減となった。

EGBA事務局長のMaarten Haijer氏は次のようにコメントした。
「ヨーロッパのギャンブル市場は、パンデミックによる未曾有の激動と混乱を経て、今年から安定し始めました。
オンラインギャンブルの着実な上昇傾向が続く一方で、ランドベースギャンブルは過去2年間のカジノやベッティングショップの広範な閉鎖から現在回復しつつあります」

シェアする