2020年10月01日

中国動画配信Bilibili、リーグ・オブ・レジェンド世界選手権の中国独占販売権を獲得

Riot Gamesは3日、中国のストリーミングビデオプラットフォームBilibiliとの間で、リーグ・オブ・レジェンド の主要なグローバルイベントの独占放送権を認める契約を締結したことを発表した。ESPORTS INSIDERが同日伝えた

3年間の契約は、今秋の2020年リーグ・オブ・レジェンド世界選手権から始まり、毎年開催されるミッドシーズンインビテーショナルとオールスターイベントも含まれる。

ビリビリの副会長兼COOであるCarly Lee氏はリリースで次のようにコメントしている。
「Riot Gamesとの戦略的パートナーシップに到達できたことに興奮しています。過去10年の間に、私たちはeスポーツ産業がニッチ市場から主流市場へと発展し、今では中国の若者の間で最も人気のあるスポーツの一つとなっているのを目の当たりにしてきました。Bilibiliでのeスポーツ動画の再生回数は、2019年には440億回に達しました。Bilibiliはこの機会を利用して、上海が世界のeスポーツ業界でリーダー的な地位を築くのを支援します。」

リリースによると、この契約は2013年のリーグ・オブ・レジェンド・ミッドシーズンインビテーショナルまで行われる。Bilibiliはまた、引退した中国のプロプレイヤーであるJian “Uzi” Zi-Hao氏とMing “Clearlove” Kai氏をフィーチャーしたコンテンツを含む、大会周辺のオリジナルストリーミングやオンデマンドビデオコンテンツを制作する。

さらに、Bilibili、Riot Games、TJ Sportsは、特に中国のリーグ・オブ・レジェンド・プロリーグ (LPL)のチームに焦点を当てたリーグ・オブ・レジェンド世界選手権の10周年記念ドキュメンタリースペシャルを共同制作する。また、オフラインイベントと共に更なるドキュメンタリーも計画されており、今年の世界選手権ではいくつかのイベントが予定されている。

2019年12月には、Bilibiliがリーグ・オブ・レジェンド世界選手権を放送する3年間の独占契約で8億元(約122億円)を支払ったとBeijing Newsが報じていたが、今回の発表がこの件に関する最初の公式発表となる。公式な条件は明らかにされていない。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。