2024年5月22日
casino

マルタの金融監督期間Financial Intelligence Unit (FIAU)は、安全なギャンブルを実施するための基準を満たしていなかった店舗型カジノCasino Maltaに対し、罰金23万3834ユーロの行政処分を下した。GAMBLING INSIDERが伝えた

FIAUは、Casino Maltaがリスクの高いプレイヤーに対して必要なデューデリジェンスチェックを日常的に実施していないことが判明したため、調査を開始。その結果、マネーロンダリング報告担当者(MLRO)がリソース不足であることが判明した。また、疑わしい活動を当局に報告する際の正しい手順を含む、会社の手続きも十分ではなかった。
その他、マネーロンダリングやテロ資金供与の疑いで報告されるべきプレイヤーが、低リスクに分類されるなど複数の問題が見つかっていた。

報告書によると、20%のプレイヤープロフィールは、プレイヤーから提供された情報のみに頼っており、10%は恒久的な住所を持っていないことが判明した。さらに6%のプロフィールは、存在しない外国の住所を使っていた。

Casino Maltaは、顧客リスク評価に関するいくつかの法律や規制に違反しており、23万3834ユーロの罰金を科されたが、今後、多くのフォローアップ指令が出される予定だ。